病院長葬とは

よくあるご質問病院長葬とは

遺族に代わり病院長が葬儀を行う

近年、問題にもなっている独居の方の孤独死の場合など、お葬式をおこなう遺族・親族が誰もいない方がご逝去された場合、お亡くなりなった地域の市区町村が責任をもってご逝去された方の葬儀・火葬を行わなければなりません。

誰かがお葬式を行わなければならないので、市区町村にその方の葬儀費用の依頼・死亡届出人(火葬許可申請者)が必要となります。

病院でお亡くなりになった場合は、病院の長「院長」がその方の葬儀依頼・死亡届出人になっていただきおこなう葬儀のことを「病院長葬」と一般的に呼んでおります。

葬儀費用はご逝去地の市区町村が負担

お葬式をおこなう遺族・親族が誰もいないケースが増加傾向にあります。葬優社では病院長葬でのお葬式のお手伝いにも対応した葬儀社です。

葬儀費用はご逝去地の市区町村が負担することになりますので、当社に万が一の際はお電話いただければ、故人様のお迎えからお手続きなどもすべて対応致しますのでご安心下さいませ。


費用負担なしの高品質な葬儀プラン

葬儀費用負担なしの高品質な大阪市の生活保護者の葬儀プラン

大阪市 生活保護葬儀

・大阪市営斎場の式場が利用できます

お寺様の読経も付いた葬儀内容

生活保護のお葬式の内容、当家費用負担となる場合など、取り扱う葬儀社によって追加費用が発生する葬儀社も少なくありません。安心して葬儀依頼できる葬儀社「福祉葬の葬優社」にご用命ください。


ご利用頂ける公営式場

当家負担なしで利用できる大阪市営式場

当家様の費用負担なしの公営式場

・通夜と告別式 終了まで使用可能

・ご希望の式場を5カ所から選べます

・当社にてご予約をお取りできます

火葬だけの葬儀ではなく、公営式場でお寺様に読経をあげていただける生活保護葬をご希望なら葬優社にお任せ下さい。