福祉葬の条件とは

よくあるご質問

福祉葬は条件を満たした方に適応

よくお電話で「福祉葬の条件」をお聞きになる方がいらっしゃいます。福祉葬をがおこなえる条件をご説明致します。

お葬式をおこなうご家族がいらっしゃる場合と、いらっしゃらない場合で条件がことなりますのでご説明致します。

遺族・親族がいない場合

福祉を受給しているいないに関わらず、お葬式をおこなう方がいない場合は、ご逝去された住所地の市区町村が責任をもって火葬をおこなわなければなりませんので、葬祭扶助での福祉葬が認められます。

遺族・親族がいる場合

故人に遺族・親族がおられる場合は、故人が福祉受給者であっても「お葬式をおこなう遺族・親族が葬儀費用の支払が可能な場合は、葬祭扶助は認められませんので実費での葬儀となります。

費用の支払ができないので、市区町村が葬儀費用を支払いお葬式をおこなう葬儀が葬祭扶助となります。


費用負担なしの高品質な葬儀プラン

大阪市 生活保護葬儀

・大阪市営斎場の式場が利用できます

お寺様の読経も付いた葬儀内容

生活保護のお葬式の内容、当家費用負担となる場合など、取り扱う葬儀社によって追加費用が発生する葬儀社も少なくありません。安心して葬儀依頼できる葬儀社「福祉葬の葬優社」にご用命ください。


ご利用頂ける公営式場

当家負担なしで利用できる大阪市営式場

当家様の費用負担なしの公営式場

・通夜と告別式 終了まで使用可能

・ご希望の式場を5カ所から選べます

・当社にてご予約をお取りできます

火葬だけの葬儀ではなく、公営式場でお寺様に読経をあげていただける生活保護葬をご希望なら葬優社にお任せ下さい。


生活保護のお葬式はお任せ下さい

福祉・生活保護受給者の方で葬儀社選びにお困りの方は「福祉葬の葬優社」にお任せ下さい。葬儀代金の負担が一切なしで生活保護の葬儀ができる葬儀社です。

ご質問・ご相談は24時間対応いしております。